S-HOUSE

共同生活援助事業

ビットマップ 1
ここで働くスタッフを見る ▶▶

S-HOUSEでは、家庭的な雰囲気を大切にしながら、一人ひとりに合わせた支援を行っています。また、その人が持っている力や強みを生かすことができるようそれぞれに合わせた工夫に力を入れています。その結果、洗濯や掃除などを一人で行える方もいます。館内は白を基調とした優しい色使いで施設全体が明るい雰囲気となっています。また、高台に建っているため季節ごとの風景を楽しむことができます。
1日の流れ

001

口頭ではなく、目で見て一人でできるように工夫しています。

ここで働くSTAFF

尾道さつき作業所

橋羽 一樹(ハシバ カズキ)
生活支援員
現在S-HOUSEでは5名の男性入居者の方がそれぞれの個室で生活をしています。少人数という利点を生かし、ひとりひとりに合わせた支援を行っています。特にその中でも「わかりやすく伝えること」に重点を置いて日々支援を行っています。
たとえば、口頭より目(視覚的)で伝えたほうが理解しやすい方には、手順書などを設けて、入居者の方が自立して生活ができるように工夫をしています。食事面では、魚料理が苦手な入居者の方にはその他の料理を提供するなど、食事をとる時間が楽しくなるよう、日々工夫をしています。
日々の行動やその方の特性などをしっかり把握することの大切さと入居者の皆さんにとって一番の理解者になることを目標に日々の支援を行っています。

施設詳細

尾道さつき作業所

<S-HOUSE>
<設立>2016年4月1日
<所在地>〒722-0046 広島県尾道市長江三丁目15番16号
<定員>5名
<職員数>10名
TEL 0848-36-5825
FAX 0848-36-5861

社会福祉法人尾道さつき会
法人事務所
高齢者総合ケアセンター星の里

所在地
〒722-0042
広島県尾道市久保町1786番地
社会福祉法人尾道さつき会
電話 0848-37-7272
fax 0848-37-9610
mail hoshinosato@satukikai.com

copyright(C) 2010 onomichi satukikai all rights reserved.